本文へ移動

ダンボール・紙器の選び方

選び方のコツ

様々な用途に用いられる紙器。
商品を華やかに彩る化粧箱から輸送に用いるダンボールまで幅広く取り揃えております。
 
形状、種類、ライナーと呼ばれる材質、寸法、強度、色でお悩みの客様も多いかと思います。
お客様に合った紙器を選ぶためには、まず始めに目的を決めてから選んでみてはいかがでしょうか。
 
例えば、ダンボールでは「輸送中に広告目的で目立たせたい」、
「現場で組み立てるのが簡単」、「輸出用に壊れないよう頑丈な物が良い」など。
化粧箱でしたら「高級に見せたい」、「柔らかい色で優しく表現したい」などのご要望があります。
 
内容物に傷が入らないことが前提の紙器。その次に優先される事は・・・。
お客様の課題を一緒に解決致します。
 
お客様ごとにサイズ・形状・デザイン等が様々ですので、以下に代表的な材質と形状をご紹介致します。
お気軽にお問い合わせください。

ダンボールの代表的な形状

A式

通称”みかん箱”として有名な、
一番シンプルな箱です。
 
様々な用途で利用されます。

B式

上下の蓋を差し込むタイプの箱です。
 
テープがなくても蓋は閉まりますが、輸送する際はテープで蓋を固定する必要があります。

C式

本体と蓋が別個になっている箱で、
主にギフト用に向いています。

N式

高さの低い製品の梱包に適しています。
 
製造時に抜型が必要になるため、
ロット生産に向いています。

ワンタッチ式

N式と同様、箱本体と蓋が一体となっています。
 
組立てがとても簡単で時間の節約になるため、通販業界でよく用いられております。

タトウ(ヤッコ)式

高さの低い書籍やCD / DVD等の
梱包に向いてます。
 
4隅に隙間が出来てしまうため、
テープ等で止めた方がより安心です。

巻きダンボール(片段)

ダンボールと同じ材質の緩衝材です。
 
ロール品やカット品があり、梱包や養生に使用出来ます。
 
環境を考慮し、紙ベースの緩衝用途としても増えてきています。

フルートの代表的な種類

Wフルート

厚みが約8mmのダンボールで、
AフルートとBフルートを重ねた物になります。
 
重量物や輸出用に使われます。

Aフルート

厚みが約5mmのダンボールで垂直方向の加圧に強く、輸送箱や保管箱に使われます。

Cフルート

厚みが約4mmのダンボールで、
AフルートとBフルートの中間の位置付けになります。

Bフルート

厚みが約3mmのダンボールで平面方向の加圧に強く、軽量物や内装の箱に使われます。

Eフルート

厚みが約1.5mmのダンボールで、
N式とB式などの抜き箱に多く使われます。

Fフルート

厚みが約1.1mmのダンボールで精密なフレキソ印刷をする箱に使われます。

Gフルート

厚みが約0.9mmのダンボールでFフルートより更に薄く、オフセット印刷をする箱に使われます。

ライナーの代表的な種類

C5

1㎡あたりの重量が160g~180gの紙で、強度をあまり必要としない箱やパット、仕切りに使われます。

K5

1㎡あたりの重量が180gの紙で一般的によく使われている紙です。

K6

1㎡あたりの重量が210g~220gの紙で強度を必要とする箱に使われます。

K7

1㎡あたりの重量が260g~280gの紙で、輸出用や重量物に使われます。

お問い合わせフォーム

TOPへ戻る